トロント国語教室:生け花

日本文化の継承

遊びの達人

トロント国語教室では、日本の伝承遊びに触れる機会を提供したいと考え、年間を通して、「こま」「竹馬」「けん玉」をの3つの玩具の貸出を行っています。この3つの遊びができるようになった生徒は、「遊びの達人」に認定されます。

音楽

トロント国語教室の授業では、各学年月2回程度、音楽の時間を設けています。斉唱や簡単な合唱・合奏など全員で一つの音楽を奏でる体験を通して、思いや意図を日本語で表現したり、鑑賞したりしながら、情操豊かな心を育てます。

書道

毎年1月から2月にかけて、3年生以上の生徒には「書道」の授業があります。書道を行う時の姿勢や筆の持ち方を理解し,筆順に従って文字を丁寧に正しく書くことを通して、日本の伝統文化のひとつである筆文字について学びます。

紙芝居

スマートフォンやパソコンの普及が進む中、日本の伝統芸能のひとつ「紙芝居」が見直されており、世界各国の学校や図書館で活用されています。集団で話を聞き、その話に共感するいう体験を通して、子供たちの感性を育みます。トロント国語教室では、弁士をお招きし、つぼみ組からアドバンスクラスまで紙芝居上演を行っています。

ラジオ体操と童謡・唱歌合唱

朝礼のラジオ体操トロント国語教室の1日は、朝礼で行われる「ラジオ体操」で始まりまります。朝礼の最後には、全員で「童謡」や「唱歌」を歌います。ラジオ体操をしたり、よく耳にする歌を知ることで、日本の習慣や文化を少しでも身近に感じてほしいと考えています。

折り紙

日本文化を代表する「折り紙」は日本伝統の遊びでもあり、手先の作業を通して集中力が養われ、完成形を想像することにより想像力が育まれると言われています。国語教室では折り紙を常備し、季節や行事、また授業内容に合った折り紙をします。

運動会

毎年5月に運動会を開催します。日本の小中学校の運動会で行われる定番競技(綱引き、玉入れ、借り物競走、ドーナツ喰い競争など)を中心に、毎年10以上の種目で構成されたプログラムに全生徒と保護者が参加して、毎年とても盛り上がります。子供たちが、集団競技を体験できる貴重な場でもあります。

浴衣デー

着物デートロント国語教室では、昨年度「浴衣デー」を開催いたしました。事前に先生方や保護者向けに浴衣の着付け講習会を行い、当日は子供たちと一緒に盆踊りを踊りました。今後もこのようなプログラムを用意し、和服に触れる機会を持ちたいと考えています。

その他の取り組み